⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

Oppo F5 のスペック概要

Oppo F5 のスペックは、ディスプレイが6型ディスプレイ(2160×1080px)、「MediaTek Helio P23 MT6763T」8コアプロセッサー、6GBメモリー、64G内蔵ディスク、3200mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7.1」をプリインストールしている。

Oppo F5 のカメラの画素数は、リアカメラ:1600万画素、フロントカメラ:2000万画素を搭載している。

カラーは、ブラック 、レッド 、ゴールドの3色が用意されている。

その他機能としては、Bluetooth4.2機能、指紋認証センサ、電子コンパス 、顔認証 、Gセンサーを搭載。

OPPO F5 の特長

OPPO F5は、6Gメモリ・オクタコアCPUと2000万画素の正面カメラと自動顔補正機能を搭載した高いコストパフォーマンスを誇るフィリピン発のスマホ。

独自の顔面最適化技術を搭載しており、顔の輪郭を強調し、目、鼻、頬骨、顎の対称性を高め、完璧に美しい自撮りを撮影することができる。

日没や夕方、公園や混雑したショッピングモールなど、F5はバックグラウンドの光条件を区別して、魅力的なポートレートに輝度を加えることができるようになっている。

気持ちの良い焦点が外れた背景を生む顕著なぼかし効果で、被写体の顔を鮮やかな細部と明るいトーンで撮影する。

F5の洗練されたボディは、シンプルなデザインと精巧な設計を融合している。

OPPO F5は、指紋認証の他に顔認証を備えており、顔を正面のカメラの前に置くだけで、すぐにロック解除することができる。

手が濡れているときには、顔認証でのロック解除はとても便利なはず。

 

OPPO F5 の注意点

OPPO F5は日本未発売となっており、ジャイロセンサーや防水機能・NFCが未搭載となっている。

Oppo F5 の各キャリアLTE・3G対応一覧

Oppo F5 のLTE周波数対応は、 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 39, 40, 41 bandに対応しており、docomo、au、softbank、UQモバイル、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、au、softbank、UQモバイルに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

Oppo F5 の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

Oppo F5 の動作確認済みSIM・価格比較

Oppo F5 イメージ

Oppo F5のスペック一覧

基本仕様

機種名 F5
メーカー名 Oppo
小売希望価格 35959円
発売日 2017/11/09
OS Android 7.1
本体サイズ(幅x高さx厚み) 76 x 156.5 x 7.5 mm
本体の重さ 152 g
CPU MediaTek Helio P23 MT6763T
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 6インチ
ディスプレイ解像度 2160 x 1080
メモリ(RAM) 6G
ストレージ(ROM) 64G
バッテリー容量(mAh) 3200mAh
カラーバリエーション ブラック
レッド
ゴールド

カメラ性能

背面カメラ画素数 1600万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 2000万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 a, IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 39, 40, 41
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 2, 5, 8
SIMスロット数 2
SIMカードタイプ nano SIM
最大microSD カード容量 256G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS, A-GPS
Bluetoothバージョン 4.2
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ 電子コンパス
顔認証
Gセンサー
USB接続ポート MicroUSB
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL https://www.oppo.com/ph/smartphone-f5

Oppo F5の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ - スマライフ・インフォ

-スマホスペック・評価まとめ

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) のスペック概要

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) のスペックは、ディスプレイが5.2型ディスプレイ(1280×720px)、「Snapdragon 430」8コアプロセッサー、3GBメモリー、32G内蔵ディスク、4100mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7.1」をプリインストールしている。

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) のカメラの画素数は、リアカメラ:1300万画素+500万画素のデュアルカメラ+800万画素のデュアルフロントカメラを搭載している。

カラーは、ネイビーブラック 、サンライトゴールド 、ローズピンクの3色が用意されている。

その他機能としては、手ブレ補正、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.2機能、指紋認証センサ、電子コンパスを搭載。

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の特長

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL) はAndroid7.1を搭載した、SIMカードを2枚差しながらSDカードも挿せる3枚差しが可能な大容量バッテリー搭載ASUSスマホ。

リアカメラには1300万画素+500万画素のカメラが2台搭載し、広角120度のワイドアングルで写真撮影が可能。

また正面カメラは140度の広角レンズを採用しているため、短い距離でも幅広く被写体を捉えることができる。

SIMは2スロット搭載しており、デュアルスタンバイも完備している。またSDカードは別スロットとなっているため、2枚のSIMを挿しつつ、SDカードも使用できるようになっている。

本モデルは別のスマホを接続することで、別のスマホの充電も行うことができるモデルとなっている。

 

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の注意点

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL) は、2017年9月に発売されたASUS ZenFone 4 Max (ZC554KL)の日本市場バージョン。

ただしZC554KLと比較して、バッテリー容量やジャイロセンサーが搭載されていないなど若干スペックダウンしている。

残念ながら防水・防塵には対応しておらず、NFCにも対応していない。

またZenFone 4シリーズはだいたいハイレゾ対応およびwifi a/ac対応だったのが、本機では未対応となっている。

また他のZenFone 4に比べてメモリ容量が若干少ない。

 

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の各キャリアLTE・3G対応一覧

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) のLTE周波数対応は、 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 26, 28, 38, 41 bandに対応しており、docomo、au、softbank、UQモバイル、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、au、softbank、UQモバイルに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い 25800円
24回払い 1110円/月
動作確認
一括払い 24800円
24回払い 1318円/月
動作確認
一括払い 19800円
24回払い 825円/月
動作確認
一括払い 24800円
24回払い 1033円/月
動作確認
一括払い 19800円
24回払い 850円/月
動作確認
一括払い 22223円
24回払い 926円/月

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) イメージ

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) のスペック一覧

基本仕様

機種名 ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ)
メーカー名 ASUS
小売希望価格 24800円
発売日 2017/12/08
OS Android 7.1
本体サイズ(幅x高さx厚み) 73.3 x 150.5 x 8.7 mm
本体の重さ 156 g
CPU Snapdragon 430
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5.2インチ
ディスプレイ解像度 1280 x 720
メモリ(RAM) 3G
ストレージ(ROM) 32G
バッテリー容量(mAh) 4100mAh
カラーバリエーション ネイビーブラック
サンライトゴールド
ローズピンク

カメラ性能

背面カメラ画素数 1300万画素
背面カメラ2画素数 500万画素
前面カメラ画素数
前面カメラ2画素数 800万画素
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 26, 28, 38, 41
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19
SIMスロット数 2
SIMカードタイプ nano SIM
最大microSD カード容量 256G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS, A-GPS, GLONASS
Bluetoothバージョン 4.2
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ 電子コンパス
USB接続ポート MicroUSB
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-4-Max-ZC520KL/

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)(3Gメモリ) の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.